人材採用と適材適所の支援

人手不足による閉業や倒産のみならず、人的リソースをうまく活用できていないために会社の業績にブレーキをかけてしまうケースが増加しています。このような時代の人材獲得競争で勝ち残るためには、人事にも戦略が必要となります。もし戦略的な採用の考え方や科学的な適材適所プロセスがなければ、人材の供給不足と離職率の悪化により、会社のビジネス遂行に良くない影響を与えてしまう可能性があります。

弊社では、人間の思考と行動の特性を分析するツールを活用して、顧客企業の特性に合った人材を見極める方法を提供しています。また、人材エージェントや求人媒体に依存しない、独自の採用プロセスのご提案をしています。

さらに、採用選考時の面接官の負担と、内部工数コストを低減するオンライン採用ツールを自社開発し、顧客企業に提供しています。忘れられがちな事実ですが、候補者を面接するための内部コストは、1人当たり40~50万円も必要です。

人材難の時代では、採用の工数とコストを削減するだけでは不十分です。実際にその候補者を採用した場合、本人の能力が発揮されやすい配属先の見極めが出来るようなノウハウがあれば、貴重な人材を早期に戦力化することが可能になります。また、個人の特性を元にポータブルスキルを分析・可視化することで、専門スキルセットだけでは把握できない、社員個々人の活躍パターンを見極める手法を提供しています。

将来リーダー育成と組織開発

マネージャーのプレイヤー化、組織のフラット化、年上の部下を持つマネージャーの増加、将来リーダー候補の突然の退職、などリーダー層と組織を取り巻く環境は年々複雑化しています。あなたの会社では、次世代を担うマネージャー層や将来リーダー候補のマネジメントスキルについて、どのようなアプローチをされているでしょうか?

リーダー育成に関して寄せられる相談で圧倒的に多いのは、「仕事が出来るので昇格させたが、部下を信頼して仕事を任せる能力が今一つである」というお悩みです。このお悩みの根底にある固定観念は、「良いプレーヤーは、良いマネージャーになれる」という期待値です。ところが実際には、独力で良いマネージャーになるスキルを身に付けるには、多くの年月と場数を必要とします。

弊社では、ハーバード大学のロバート・キーガン博士の成人発達理論、カナダの精神科医エリック・バーン博士が提唱した交流分析理論、およびケースウェスタンリザーブ大学ウェザーヘッド経営大学院の組織行動学名誉教授であるデービッド・コルブ博士の経験学習理論の3つを応用した、自己変革と部下マネジメントのノウハウを、体系的かつ伴走的にコーチングする講座を提供しています。

リーダー層が変わることにより、組織全体が学ぶ集団に変革していくプロセスを見ることは、多くの社員に自信と誇りを与えます。

人事評価と報酬制度の設計

「全体は部分の総和に勝る」という原則は、人材採用と人事評価の関連性に最もよくあてはまるかも知れません。なぜ、採用と人事評価の連動性が重要なのでしょうか?「優秀な人材を採用したい」という普遍的な願望は、ほとんどの会社に共通するテーマです。しかし、「実際に優秀な人間を採用できたのか?」という問いかけに対して、定量的なデータによって検証している企業はさほど多くありません。

採用時のスキルの見極め方法や、面接選考での採用基準の妥当性は、その社員が入社後どの程度活躍したかをレビューすることによって、初めてPDCAを回すことが出来ます。つまり、採用基準は人事評価によって磨かれ、人事評価基準は新しく採用する社員のレベルによって見直していく必要があります。その際注意すべきは、なるべく評価バイアスがかからない評価方法を採用することです。弊社では、「正しいことを正しくやる」「Doing right things right」の基本原則に立ち、行動系は多面的貢献評価で、結果系はOKR(Objective and Key Result)の両面で、リーダーシップとマネジメントスキルを評価する方法を推奨しています。

また、社員の報酬を決定する際、人事評価の結果をどの程度反映させるかについても、各社で試行錯誤が続いています。最近では、社員の自主性を引き出すためには、ノーレイティングやOKRに代表されるような管理指向ではない評価報酬制度が広まっています。弊社では、評価の正しさよりも納得性を高めるための方法をご提案しています。

人材採用と適材適所の支援

人手不足による閉業や倒産のみならず、人的リソース不足により会社の業績にブレーキをケースが増加しています。このような時代には、人材獲得競争で勝ち残るための戦略が必要となります。もし戦略的な採用の考え方や科学的な適材適所プロセスがなければ、人材の供給不足と離職率の悪化が複合的な人事課題の遠因となる可能性があります。

弊社では、人間の思考と行動の特性を分析するツールを活用して、顧客企業の特性に合った人材を見極める方法を提供しています。また、人材エージェントや求人媒体に依存しない、独自の採用プロセスのご提案をしています。さらに、採用選考時の面接官の負担と、内部工数コストを低減するオンライン採用ツールを自社開発し、顧客企業に提供しています。忘れられがちな事実ですが、候補者を面接するための内部コストは、1人当たり40~50万円も必要です。

人材難の時代では、採用の工数とコストを削減するだけでは不十分です。実際に候補者を採用した場合、本人の能力が発揮されやすい配属先の見極めが出来るようなノウハウがあれば、貴重な人材を早期に戦力化することが可能になります。また、個人の特性を元にポータブルスキルを分析・可視化することで、専門的スキルセットだけでは把握できない社員個々人の活躍パターンを見極める手法を提供しています。

将来リーダー育成と組織開発

マネージャーのプレイヤー化、組織のフラット化、年上の部下を持つマネージャーの増加、将来リーダー候補の突然の退職、などリーダー層と組織を取り巻く環境は年々複雑化しています。あなたの会社では、次世代を担うマネージャー層や将来リーダー候補のマネジメントスキルについて、どのようなアプローチをされているでしょうか?

リーダー育成に関して寄せられる相談で圧倒的に多いのは、「仕事が出来るので昇格させたが、部下を信頼して仕事を任せる能力が今一つである」というお悩みです。このお悩みの根底にある固定観念は、「良いプレーヤーは、良いマネージャーになれる」という期待値です。ところが実際には、独力で良いマネージャーになるスキルを身に付けるには、多くの年月と場数を必要とします。

弊社では、ハーバード大学のロバート・キーガン博士の成人発達理論、カナダの精神科医エリック・バーン博士が提唱した交流分析理論、およびケースウェスタンリザーブ大学ウェザーヘッド経営大学院の組織行動学名誉教授であるデービッド・コルブ博士の経験学習理論の3つを応用した、自己変革と部下マネジメントのノウハウを、体系的かつ伴走的にコーチングする講座を提供しています。

リーダー層が変わることにより、組織全体が学ぶ集団に変革していくプロセスを見ることは、多くの社員に自信と誇りを与えます。

人事評価と報酬制度の設計

「全体は部分の総和に勝る」という原則は、人材採用と人事評価の関連性に最もよくあてはまるかも知れません。なぜ、採用と人事評価の連動性が重要なのでしょうか?「優秀な人材を採用したい」という普遍的な願望は、ほとんどの会社に共通するテーマです。しかし、「実際に優秀な人間を採用できたのか?」という問いかけに対して、定量的なデータによって検証している企業はさほど多くありません。

採用時のスキルの見極め方法や、面接選考での採用基準の妥当性は、その社員が入社後どの程度活躍したかをレビューすることによって、初めてPDCAを回すことが出来ます。つまり、採用基準は人事評価によって磨かれ、人事評価基準は新しく採用する社員のレベルによって見直していく必要があります。その際注意すべきは、なるべく評価バイアスがかからない評価方法を採用することです。弊社では、「正しいことを正しくやる」「Doing right things right」の基本原則に立ち、行動系は多面的貢献評価で、結果系はOKR(Objective and Key Result)の両面で、リーダーシップとマネジメントスキルを評価する方法を推奨しています。

また、社員の報酬を決定する際、人事評価の結果をどの程度反映させるかについても、各社で試行錯誤が続いています。最近では、社員の自主性を引き出すためには、ノーレイティングやOKRに代表されるような管理指向ではない評価報酬制度が広まっています。弊社では、評価の正しさよりも納得性を高めるための方法をご提案しています。

お取引実績
(敬称略)
事業系企業

不二製油株式会社

太陽工業株式会社

日本郵便株式会社

株式会社村田製作所

パナソニック株式会社

日本オラクル株式会社

三菱自動車工業株式会社

住友電気工業株式会社

オムロンヘルスケア株式会社

ダイキン工業株式会社

株式会社アドキャスト

株式会社NTTドコモ

日産自動車株式会社

サントリー食品インターナショナル株式会社

日本原燃株式会社

サントリーウエルネス株式会社

広告代理店

株式会社Hakuhodo DY Matrix

株式会社電通

人事系企業

株式会社セルム

ProFuture株式会社

カシオヒューマンシステムズ株式会社

株式会社ワークス・ジャパン

株式会社マネジメントサービスセンター

プロファイルズ株式会社

株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント

株式会社WARK

メディア系企業

株式会社日本経済新聞出版社

株式会社日経BP

株式会社日本人材ニュース社

株式会社扶桑社

教育事業・学校法人等

ダイレクト出版株式会社

伸学会株式会社

明治学院大学

電気通信大学

株式会社OnLine

コンサルティング会社

株式会社Gerson Lehrman Group

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社

アクセンチュア株式会社

ボストン コンサルティング グループ

デロイト トーマツ コサンサルティング合同会社

ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド

学術団体

日本交流分析学会

一般社団法人 日本心身医学会

TOP