客観的数値で現状を正確に把握

コンサルティングの最初の段階は、生産性に関するKPI分析からスタートします。

 

あなたは、自社の生産性が、業界や規模別の平均値に対してどの程度優れているのか、あるいはどの程度改良余地があるのかを、定量的に知ることができます。

 

この定量的な分析結果を基に戦略立案を検討することで、社内への説得力があり、かつ明確な人事戦略方針の基礎を作ることができます。

 

1948年(昭和23年)から財務省がデータを取得している、法人企業統計調査の結果を弊社独自のノウハウで統計的に処理してレポートにまとめます。
他の多くのベンチマーク調査とは異なり、あなたの会社の実績を他社に開示する必要がないのが最大の特徴です。

経営者との対話を通した戦略立案

採用、育成、評価制度、報酬制度、人員計画、リーダー層の発掘と抜擢等、人事戦略を統合的に検討します。

この段階であなたがすることは、自社の人事運営上の悩みをすべてテーブルの上に出していただくことです。

人事にかかわるそれぞれの要素戦略は、互いに深く関係しあっています。戦略人事の実務経験に乏しいコンサルタントが導入した制度により、従業員のやる気が失われたり、適切な給与の配分ができていない会社は少なくありません。

あなたの会社は大丈夫ですか?

戦略の方向性を決める際には、今後会社をどのように導きたいのか、あなたのビジョンを語ってください。弊社には、グローバル従業員数28万人企業での長年の実務経験と、創業後にサービスを提供している多くの業種、規模におけるコンサルティングの実績があります。

導入~運用まで一貫してサポート

多くの経営コンサルタントは、契約期間が終了すると分厚い提案資料を残してあなたの元を離れます。

 

あなたは、その提案資料を見ながら途方にくれることになります。実行できない戦略には意味がありません。

 

弊社では、クラウド型の人事制度運用ツールに継続的に投資をしています。このツールを使うと、あなたの会社の組織風土の現状、組織に貢献し活躍している人材の発掘、実務を通して社員が学び合う教育機会の提供、人材登用のための評価結果などのデータを簡単に取得することができます。

 

あなたがすることはただ一つ。弊社が提供するクラウド人事コンサルティングシステムにログインして、“結果を見る“というボタンを押すだけです。

客観的数値で現状を正確に把握

コンサルティングの最初の段階は、生産性に関するKPI分析からスタートします。

あなたは、自社の生産性が、業界や規模別の平均値に対してどの程度優れているのか、あるいはどの程度改良余地があるのかを、定量的に知ることができます。

この定量的な分析結果を基に戦略立案を検討することで、社内への説得力があり、かつ明確な人事戦略方針の基礎を作ることができます。

1948年(昭和23年)から財務省がデータを取得している、法人企業統計調査の結果を弊社独自のノウハウで統計的に処理してレポートにまとめます。 他の多くのベンチマーク調査とは異なり、あなたの会社の実績を他社に開示する必要がないのが最大の特徴です。

経営者との対話を通した戦略立案

採用、育成、評価制度、報酬制度、人員計画、リーダー層の発掘と抜擢等、人事戦略を統合的に検討します。

この段階であなたがすることは、自社の人事運営上の悩みをすべてテーブルの上に出していただくことです。

人事にかかわるそれぞれの要素戦略は、互いに深く関係しあっています。戦略人事の実務経験に乏しいコンサルタントが導入した制度により、従業員のやる気が失われたり、適切な給与の配分ができていない会社は少なくありません。

あなたの会社は大丈夫ですか?

戦略の方向性を決める際には、今後会社をどのように導きたいのか、あなたのビジョンを語ってください。弊社には、グローバル従業員数28万人企業での長年の実務経験と、創業後にサービスを提供している多くの業種、規模におけるコンサルティングの実績があります。

導入~運用まで一貫してサポート

多くの経営コンサルタントは、契約期間が終了すると分厚い提案資料を残してあなたの元を離れます。

あなたは、その提案資料を見ながら途方にくれることになります。実行できない戦略には意味がありません。

弊社では、クラウド型の人事制度運用ツールに継続的に投資をしています。このツールを使うと、あなたの会社の組織風土の現状、組織に貢献し活躍している人材の発掘、実務を通して社員が学び合う教育機会の提供、人材登用のための評価結果などのデータを簡単に取得することができます。

あなたがすることはただ一つ。弊社が提供するクラウド人事コンサルティングシステムにログインして、“結果を見る“というボタンを押すだけです。

お取引実績
(敬称略)
事業系企業
不二製油株式会社
太陽工業株式会社
日本郵便株式会社
株式会社村田製作所
パナソニック株式会社
日本オラクル株式会社
三菱自動車工業株式会社
住友電気工業株式会社
オムロンヘルスケア株式会社
ダイキン工業株式会社
株式会社アドキャスト
株式会社NTTドコモ
日産自動車株式会社
サントリー食品インターナショナル株式会社
人事系企業
株式会社セルム
ProFuture株式会社
カシオヒューマンシステムズ株式会社
株式会社ワークス・ジャパン
株式会社マネジメントサービスセンター
プロファイルズ株式会社
株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
株式会社WARK
メディア系企業
株式会社日本経済新聞出版社
株式会社日経BP
株式会社日本人材ニュース社
株式会社扶桑社
パートナー企業
株式会社イーファルコン
株式会社ヒューマンロジック研究所
教育事業・学校法人等
ダイレクト出版株式会社
伸学会株式会社
明治学院大学
電気通信大学
コンサルティング会社
株式会社Gerson Lehrman Group
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社
アクセンチュア株式会社
ボストン コンサルティング グループ
デロイト トーマツ コサンサルティング合同会社
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド
TOP