ブログ

会社が儲かっても給料が上がらない本当の理由<3>

money

<前回のおさらい>
☑ ここ10年は、昔に比べて給料があがりにくくなってきている。
☑ 原因は、付加価値向上代に対する、給料の向上額のトレンドが寝てきているため。

trend-check
<図 付加価値と給料のバランスが変化しつつある>

<付加価値と給料の関係に、過去何が起きていたのか?>

付加価値と給料の関係がどのように変化したのかを、過去のデータをみながら整理します。

まずは、1990年~1991年のバブル経済崩壊の時です。下の図で黒丸で囲った所です。

点の動きは、右下から左上です。これは、会社が生み出す付加価値は低下(左に移動)したが、給料は逆に上がった(上に移動)ことを示しています。

90-91
<図 1990年~1991年 バブル崩壊>

次は、1997年~1999年の金融不安の時です。右上から左下に点が大きく動いています。付加価値も下がり、給料も下がったことを意味しています。

バブル崩壊の時とは異なり、付加価値の低下が給料ダウンに直結してしまいました。

97-99
<図 1997年~1999年 金融不安>

次は、2007年~2008年のリーマンショックの時です。このときも右上から左下に点が大きく動いています。

一年間での付加価値の低下代は、1960年以降で日本経済が経験した最大の下げ幅です。それにもかかわらず、給料の減り方は金融不安の時ほどではありませんでした。

07-08
<図 2007年~2008年 リーマンショック>

上のグラフをみると分かるように、最近10年のトレンド線は、リーマンショック時の不景気時点で形成されたものなのです。

その後、2009年から徐々に回復基調となり、2011年の東日本大震災で多少減速しましたが、その後2013年まで順調に回復しています。

そして、その傾きはリーマンショック時に悪化した付加価値を取り戻すかのように、右上に動いています。

つまり、

●リーマンショックの時には、付加価値のダウンほど給料が下がらなかった(下げられなかった)
●その後の付加価値の向上によって、リーマンショック前の状態に少しずつ戻ってきた。
●下がる時に下がらなかった分、上がる時も上がりにくくなっている。
●従って、付加価値が上がっても給料は急に上がらない(上げられない)

という構図なのです。

リーマンショック後は、多くの企業が、支払い能力を超える給料を支払っていたことになります。

<官製春闘の成果は?>

2013年の秋、首相官邸の主催によって、政府と経済界、労働界の合意形成を図るための政労使会議の第1回が開催されました。

つまり2014年の賃上げが、官製春闘の1回目の成果ということになります。

官製春闘によって、トレンド線に対して賃上げ額が大きくなったのかどうか、データを見てみましょう。

分かりやすいように2013年以降を拡大表示しています。

13-15
<図 2013年~2015年 官製春闘>

2013年から2014年の傾きは、赤い点線で示される過去10年の傾きよりも少し大きくなっています。ところが、2014年から2015年の傾きは、前年のそれよりも寝てしまいました。

2013年~2015年の2年間でみると、トレンド線を若干上回る程度で推移していることが分かります。

つまり、「過去10年間のトレンドを若干上回る賃上げ成果があった」、というのがデータ分析結果からの官製春闘の評価になります。

ここで一つ疑問なのは、なぜ過去と同じような傾きで給料が増えないのか?という点です。

総理大臣が給料を上げてくれと要請して、企業も収益を上げている、なぜ過去のトレンドを少し上回る程度の昇給しかできないのでしょうか?

企業は給料を出し渋っているのでしょうか?それとも何か別の理由があるのでしょうか?

次回に続きます。

Copyright © 2016 Management HR Partners Co., Ltd. All Rights Reserved

給料を増やさないと従業員が採用できない時代がすぐ来ます。

ご相談はこちらまで → info@keieijinji.co.jp

経営人事パートナーズ:すべての企業、すべての人事部にSWP担当がいる社会を目指して

関連記事

  1. talent 経営×人事の必須知識(タレントマ…

    前回までに、人事に関連するお金の話を4話連載しました。その前のシリーズでは、人事戦略策…

  2. thumbnail 「一般職」を希望する高学歴が増え…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. teamwork 経営×人事の必須知識(タレントマ…

    今回から、タレントマネジメントの効果を定量的に求める、という課題に取り組んでみます。私…

  4. aircraft-1417041_1280 あなたの業界の生産性は?(経営人…

    今回は、業界別の付加価値生産性の比較をしてみたいと思います。前回、データ分析から以下の…

  5. meeting-552410_1280 経営×人事の必須知識(売上高人件…

    今回から新シリーズです。私はエンジニアから商品企画、収益企画を経て人事部に着任しました…

  6. 20160420_eyecatch 戦略人事成功の秘訣(1)SWPと…

    最近人事業界で、SWP(Strategic Workforce Planning)とい…

  7. mercer-strategic-workforce-planning-infographic 戦略人事成功の秘訣(3)適○適○…

    前回、日本企業でSWPの導入定着が難しい背景を3つ挙げました背景①米国発の概念…

  8. personnel 人生に奇跡を起こす組織 (人と組…

    <前回のおさらい>・チームを構成する人員数の理想は6人、多くても8人まで・少数…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. st_2_thumbnail
  2. st_2_thumbnail
  3. st_2_thumbnail
  4. thumbnail
  5. st_1_thumbnail
PAGE TOP