ブログ

戦略人事成功の秘訣(最終回)7つのSWP戦略視点

excavators-1178241_1280

前回まで6回に分けて、最近注目され始めているSWP(Strategic Workforce Planning)のコンセプトを、採用やセミナーの実例を交えて見てきました。今回最終回なので、お約束の7つの秘訣を説明したいと思います

実は私、人事部門の前は商品企画部門、その前は研究開発部門に在籍していたのですが、3つの部署に共通する業務が1つあります。それは戦略立案業務です。30歳で、『エンジンの将来技術戦略』、40歳で『国内ミニバンの時期型商品提案』を任されていたので、かれこれ20年以上戦略業務に携わっています。この3部署で共通して適用できた戦略立案のスキームが、今回紹介する7つの秘訣のベースです。人事戦略のイメージが湧きやすいように、基本形を人事向きに変えて書いています

  1. 時間軸(When)・・・まず、今なぜこの状態になっているのかを考えます。次に、未来に向けて何をすべきか考えます。現在は過去の産物ですが、未来はこれから変えられます。過去→現在→未来の棚卸しをして、守るべきところと変えるべき所を検討します
  2. 個人軸(Who)・・・適材適所に相当する軸です。個人の能力、個性、経験をどのように生かしていくのかを検討する軸です。新卒採用で議論される求める人材像とか、研修教育の目標設定、評価報酬制度設計等に使われます
  3. 仕事軸(Where)・・・適所適材に相当する軸です。その職務に求められる能力、適性、経験等が該当します。中途採用の職務ポスト票、リーダーシップ能力開発での要職に求められる能力、コンピテンシー項目設定等がこの軸に該当します
  4. コスト軸(How much)・・・人事に関わるすべての費用を考える軸です。賃上げ額、ボーナス額、報酬配分、福利厚生費、年金システム、各種手当等の人件費要因から、教育研修費、業務委託費、福利厚生、安全健康、システム費等の全てのコストを含みます。全部見るのは大変ですが、広範囲をカバーすればするほど、人事戦略の自由度は高まります
  5. 戦略軸(How)・・・設定した目標値を達成するために、どのような方策が必要かを検討します。やることをたくさん決めるのではなく、絶対にやらないことを明確にします。
  6. 目標軸(What)・・・人事として、最終的に会社に貢献する形を数値で定義します。例えば、離職率の高さが課題であるとしたら、『3年以内に、離職率を1/5にする』といった成果物を示します。
  7. 目的軸(Why)・・・なぜ、それをやるのかというビジョンの設定です。もちろんですが、これが一番大事です。『離職率1/5』自体が目的になることはありません。もっと上位概念にあるべきは、『安定したサービスを提供することで、顧客満足度を向上する』といった目的であって、離職率対策はその一つの手段に過ぎません

結論から言いますと、皆さん良くご存知の5W2Hが7つの秘訣です。ですから秘訣そのものに難しさはありません。難しい点は、この7つのポイントを踏まえて、どのように実行計画に落としていくかの方法です。SWPはそもそも、人件費や人員の最適化や業務の外注化範囲検討から始まりました。しかし、その後SWPは発展し、上記7つの軸で見ていただいたように、種々の人事課題の目標、すなわち利益を生む集団の人員配置計画をどうするべきか、という根幹の課題につながっていることが分かります。SWP的な整理がないままに個別の人事戦略課題が乱立すると、戦略実行部隊が非常に苦労することになります。例えば、人事制度は新卒採用+終身雇用が前提となっているのに、採用はキャリア採用をどんどん進めた結果、中途入社組のキャリア設計を見越した制度になっていない、といったような現象です。

皆様が会社や組織を見渡した時、万が一、この人事戦略のちぐはぐ感に思い当たる節があるならば、個別の戦略はその目的を達成することなく、時間だけが過ぎていく可能性があります。7回に渡りご覧いただいてきた通り、SWPは諸々の人事施策の基礎工事に相当するものです。基礎工事がしっかりしてさえいれば、個別の人事戦略もその真価を間違いなく発揮するはずです。

上記7つの軸を戦略と実行計画に落としていくには、ある手順があります。SWP戦略手法のコンサルタントのご用命がございましたら、ホームページのお問い合わせメニューに連絡先を記載してありますので、ご連絡をお待ちしております。

Copyright © 2016 Management HR Partners Co., Ltd. All Rights Reserved

関連記事

  1. engineering-1064005_1280 経営×人事の必須知識(労働装備率…

    前回、自社の生産性と他社の生産性を比較をする際、見落としてはいけない重要な点があると説…

  2. stress_1 メンタル離職の未然防止策(人と組…

    <前回のおさらい>・個々人の組織内での立ち位置や実力の発揮度合いは、チーム全体と個…

  3. DSCF5767_TP_V 戦略人事成功の秘訣(2)米国発の…

    SWPで何をやるか決めるのが難しい理由は、会社によってSWPのS(戦略)が異なるためだ…

  4. span of control 経営×人事の必須知識(タレントマ…

    今回は、タレントマネジメントによる収益向上の試算結果を公開いたします。お待たせいたしま…

  5. money 会社が儲かっても給料が上がらない…

    <前回のおさらい>☑ ここ10年は、昔に比べて給料があがりにくくなってきている。…

  6. singapore-river-255116_1280 戦略人事成功の秘訣(5)採用人物…

    適材適所と適所適材の混合型SWPが、今後重要であるというのが前回の結論でしたの…

  7. pikachu-01 あなたの価値の最大化、それが勝ち…

    <前回のおさらい>・組織生産性への影響が大きいメンタル離職の予防安全策は、企業独自…

  8. TESLA イーロン・マスクがテスラの従業員…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。今回は、イー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. DSC_0756 (002)
  2. st_2_thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. st_1_thumbnail
  5. st_2_thumbnail
PAGE TOP