ブログ

戦略人事成功の秘訣(4)和魂洋才

Wakon Yousai

日本流のSWPを、どのように組立てれば良いのか考えます

結論から言いますと、唯一無二の日本流SWPの型はあり得ません。なぜなら、個社のビジネス形態、置かれた状況、歴史、資本関係、グローバル展開等々の状況が異なるからです

場合分けして考えます

  • 適材適所型SWP:人ベースでの人材配置戦略
  • 適所適材型SWP:ビジネスニーズベースでの人材配置戦略
  • 混合型SWP:人とニーズの配置戦略をケース別に対応

適材適所型①は、新卒採用の比率が圧倒的に多く、OJTでの育成プロセスもほぼ決まっているので、ピープルマネジメントを中心にSWPを検討すれば良いパターンです

適所適材型②は、中途採用比率の方が新卒採用より多く、職務基準で採用やアサインメントが行われるJOB基準のSWPです。アメリカ型に近いので、既存の方法論をそのまま導入してもフィットする確率が高いでしょう

問題は③の混合型です。多くの日本企業が①から③への転換、外資系企業日本法人が②から③への転換を求められています。これがSWPの需要が高まってきた原因です。③をうまく処理できるSWP前例が世の中にないので、皆さん途方に暮れる訳です

それぞれのパターンで、人事戦略の何が影響を受けるか、次回考えます

(つづく)

Copyright © 2016 Management HR Partners Co., Ltd. All Rights Reserved

関連記事

  1. new-york-472392_1280 経営×人事の必須知識(付加価値生…

    前回、『会社の中に残ったお金』という表現を使いましたが、このお金のことを『付加価値額』…

  2. thumbnail 「一般職」を希望する高学歴が増え…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. aircraft-1417041_1280 あなたの業界の生産性は?(経営人…

    今回は、業界別の付加価値生産性の比較をしてみたいと思います。前回、データ分析から以下の…

  4. span of control 経営×人事の必須知識(タレントマ…

    今回は、タレントマネジメントによる収益向上の試算結果を公開いたします。お待たせいたしま…

  5. talent 経営×人事の必須知識(タレントマ…

    前回までに、人事に関連するお金の話を4話連載しました。その前のシリーズでは、人事戦略策…

  6. time 会社が儲かっても給料が上がらない…

    <前回のおさらい>☑ 社員の給料がどのくらい上がるかは、会社の利益の上がり方にはあ…

  7. stress_1 メンタル離職の未然防止策(人と組…

    <前回のおさらい>・個々人の組織内での立ち位置や実力の発揮度合いは、チーム全体と個…

  8. office 会社が儲かっても給料が上がらない…

    <前回のおさらい>☑ 官製春闘により、過去10年間のトレンドを若干上回る賃上げ成果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. DSC_0756 (002)
  2. st_2_thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. st_1_thumbnail
  5. st_2_thumbnail
PAGE TOP