ブログ

戦略人事成功の秘訣(3)適○適○

mercer-strategic-workforce-planning-infographic

前回、日本企業でSWPの導入定着が難しい背景を3つ挙げました

背景①米国発の概念である(英語の資料の方が充実している事実より明らか)
背景②将来のビジネス予測が必要(人事が経営ニーズを予測している)
背景③リソースGAP解消は、採用が中心(米国のような流動性の高い労働市場が前提)

背景から理由を考えます

理由①そもそも、日本に向いてない
理由②ビジネス予測ができる人事が少ない(経営企画が予測する会社はある)
理由③終身雇用文化がまだ根強く、中途採用で人員の補充がしにくい

理由②と③は賛同していただけると思います。しかし、①の『向いてない』とは投げやりな感じがしますか?いえ、実はここが一番大切なのです

SWPの基本的考え方は、適材適所ではなく適所適材です。つまり仕事が先で、人が後です。新卒採用して能力開発を行う日本的システムと、資格や実務経験を経て専門職に就くアメリカ的システムの差です

適材適所:the best job for the person(その人にとって最適な職務、能力重視)
適所適材:the best person for the job(その職務にとって最適な人、職務重視)

SWPの概念がしっくりこない真の原因はこれです。では、日本流のSWPはどのように組み立てていけば良いのでしょうか?
(つづく)

Copyright © 2016 Management HR Partners Co., Ltd. All Rights Reserved

関連記事

  1. pikachu-01 あなたの価値の最大化、それが勝ち…

    <前回のおさらい>・組織生産性への影響が大きいメンタル離職の予防安全策は、企業独自…

  2. personnel 人生に奇跡を起こす組織 (人と組…

    <前回のおさらい>・チームを構成する人員数の理想は6人、多くても8人まで・少数…

  3. money 会社が儲かっても給料が上がらない…

    <前回のおさらい>☑ ここ10年は、昔に比べて給料があがりにくくなってきている。…

  4. cup-2039669_960_720 人事コンサルティング会社100選…

    http://hrguide.jinzainews.net/articles/ElwI…

  5. moneyball ブラッド・ピットに学ぶ採用論(S…

    さて、ついに採用について語るシリーズになりました。採用に関する議論は、人事業界の中で最…

  6. time 会社が儲かっても給料が上がらない…

    <前回のおさらい>☑ 社員の給料がどのくらい上がるかは、会社の利益の上がり方にはあ…

  7. aircraft-1417041_1280 あなたの業界の生産性は?(経営人…

    今回は、業界別の付加価値生産性の比較をしてみたいと思います。前回、データ分析から以下の…

  8. pizza ピザは6枚切りをオススメします …

    <前回おさらい>☑人間は似た者同士は理解しやすい。☑自分と異質な人間を理解する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. st_2_thumbnail
  2. st_1_thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. thumbnail
  5. st_2_thumbnail
PAGE TOP