スタートアップ・これから会社を大きくしたい企業の方で

人事を 戦略的に 進めたい…
「経営を強くする人事」を築きたい…

そんな思いが少しでもあれば、

日産自動車グローバル人事企画部長と、

中小企業向け人事コンサルタントの実務経験から

・・・・・・

・・・・

戦略人事のノウハウをまとめた実践的事例集

を無料【期間限定】でお渡しします。


これから成長していく小さな会社にとって人材が与える会社へのインパクトは大きい

数名規模の立ち上げ期から数十名、数百名規模へと拡大させていくなかで、

やはり事業成長の明暗を握るのは「人事=組織づくり」にあります。


LinkedIn創業者のリード・ホフマンの良く知られた名言に

「起業とは崖から飛び降り、落ちるまでに飛行機を組み立てるようなもの」

という言葉があります。


この”飛行機”を墜落させずに、飛ばそうとするなら、組織作りが最重要事項になると思いませんか?


なぜなら会社は人でできているからです。


会社をやっていく上で、さまざまなノウハウがありますし、

売上、利益などなど、さまざまな数字で会社は評価されます。


ですが、そもそも会社は人がいなければ何も始まりません。


会社を成長させるには、できるだけ早い段階で組織づくりに力を入れる必要があります。


だからこそ、限られた人材で、スピーディな会社の成長を実現できる「戦略人事」を導入する必要があると思いませんか?





近年注目されている「戦略人事」、そもそもなぜ注目されているのか…?

戦略人事とは?

経営陣と人事がビジネスパートナーとして協力することで、
スピーディーかつ最適な人材配置、経営の質向上の達成を目標とする人的マネジメントのこと

最近、「戦略人事」という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか?


1990年代にアメリカの経済学者デイブ・ウルリッチ氏が提唱した考え方で、欧米の先進企業を中心に実践されています。


近年、日本でも大企業を中心に取り入れる企業が増えてきました。


戦略人事の重要性を理解している企業ほど、経営状態が良好という背景も…

業績の良い企業ほど、戦略人事への意識が高いということになります。


しかし、、




戦略人事の導入は至難…

企業の約9割が戦略人事の重要性を認識しているものの、実際に導入しているのはわずか3割ほど…


戦略人事の導入は難しいと感じている企業が多いのが現状です。


戦略人事がなかなか定着しない理由として


人事はトライアンドエラーを繰り返しながら経験を積む必要があることから

【人の一生に対して、人事のやるべきことが多すぎる】点にあります、、、



しかし、現在は、働くことへの価値観の変化や少子高齢化による労働力不足、そしてIT技術の発達により、従来型の人事制度では企業運営を円滑に進めることが難しくなっています。


企業目標を達成するための人事システムの実現には、限られた人材を最大限戦略的に活用し、目まぐるしく変化するビジネス環境に適応することが求められています。



守りの人事ではなく生産性を上げ、スピーディな会社の成長を実現できる”攻めの人事”

あなたの会社は従来の人事戦略ではなく

「戦略人事」、”攻めの人事”を導入する準備はできていますか?


戦略人事を導入するには、

莫大な時間をかけ経験を積み

ノウハウを学び実践していく必要があります。


しかし、さまざまな責務に追われながら

短いスパンで人事に向きあう時間を

多くかけるのは不可能に近いかと思われます。


そんなあなたにへ

多くの企業のコンサルティングに取り組んできた著者が


戦略人事のノウハウをまとめ、

戦略人事の実践的事例を

詳しく明かしているのが、、、



未公開の実践的事例集

「戦略人事マスターコース」〜全195頁の人事実務ヒント集〜

日産自動車グローバル人事企画部長としての

経験と知識に合わせて、


独立後、3000名規模企業の大企業や数名レベルの小さな会社にも

コンサルティングを行ってきた実務経験から、

戦略人事のノウハウをまとめた

実践的事例集です。


人事を戦略的に進め、生産性を高めたい、

「経営を強くする人事」を築きたいと思っているあなたに



この事例集を25回の無料メルマガ講座で配信します。

【毎日一話配信】




戦略人事の実践的ノウハウを学べる無料メルマガ講座の詳細

毎日1話配信 戦略人事マスターコース 目次

第 1 話 会社の生産性を高めるにはリターンが得られる人事ツールを選ぶ

第 2 話 正しい人材管理システムの選び方

第 3 話 多くの会社が陥りがちな人事の落とし穴

第 4 話 仕事と人数の黄金比

第 5 話 適材適所の働き方を深めるには“キャリアの複線化”を目指す

第 6 話 利益を生む人事戦略のコツ

第 7 話 人事の採用で絶対に妥協してはいけない 2 つのこと

第 8 話 AI で人事業務は効率化できる?導入が難しいポイントは?

第 9 話 成長が止まる会社の人事部の特徴

第 10 話 成長企業が実践する非常識な働き方改革

第 11 話 人事部の実力を知る意外な質問

第 12 話 社員の定着率を上げるタレントマネジメント

第 13 話 人事の仕事を洗い出してみた

第 14 話 外注すべき人事業務の選び方

第 15 話 セミナーでは絶対に語られない人事の方程式

第 16 話 映画にもなった活躍人材の採用術

第 17 話 「優秀な人材」と言う言葉に隠された本音

第 18 話 従業員をやる気にさせる方法

第 19 話 適性検査を活かす方法

第 20 話 部下が思う理想の上司

第 21 話 スピード出世する人の共通点

第 22 話 リスクを抑えて成果を上げる「任せ方」

ボーナスコンテンツ第 1 話 残業代泥棒を撃退する方法

ボーナスコンテンツ第 2 話 採用がうまい会社がやっていること

ボーナスコンテンツ第 3 話  9 割の社長が知らない給料の決め方

著者・山極毅のプロフィール

株式会社経営人事パートナーズCEO(数名~3000名規模の企業と取引実績)
元日産自動車グローバル人事部長(カルロス・ゴーン氏の日産V字回復を人事面で支えた)

経営人事パートナーズCEO。1989年、日産自動車入社。在籍中の27年間で、開発、企画、人事の三部門を経験。自動車ビジネスのほぼ全部署、全行程での実務を担当する。


開発部門にいたときは、5年間で新しいエンジンを開発、その後人事部へ異動し戦略的人事計画の導入責任者となる。


評価報酬制度の見直しや採用の責任者を歴任。カルロス・ゴーン氏の日産V字回復を人事面で支えた。結果、社員一人あたり売上を1.6倍に伸ばすという実績を残す。


実際の現場で頭を悩ませることになる人間関係の問題やリストラ・減給といった心理的に負担のかかる業務などについても、幅広い現場経験を持つ。


また、退職後は人事業務の効率化を実現する人材マネジメントシステムの開発、人事戦略や経営戦略の立案サポート、管理職のマネジメント力向上研修、クラウドツールを活用した人事部強化などを中心に、数名~3000名規模の企業と取引実績がある。

著書には「稼ぐ人材の作り方」(日本経済新聞出版)

「今のチームで残業を減らして生産性をあげろ!」という無茶振りを解決する!」(扶桑社)がある。

Youtube「山極毅の人事戦略チャンネル」総再生回数 39万9903回(*1/18時点)

人事という極めてニッチなジャンルでありながら只今登録者3000人を突破し、継続して更新中。



なぜ、未公開の実践的事例集「戦略人事マスターコース」を無料であなたに公開するのか?

ここまで読んでくれたあなたは、「ひょっとして、何か裏があるのではないか?」と考えているかも知れません。



それは、戦略人事を誰よりも必要としている

スタートアップ・これから会社を大きくしていきたい企業に貢献したい

と思っているからです… 





私は今から5年前、27年間働き、グローバル人事部長を務めていた

日産自動車を退職しました。


その理由は、主に3つあります。それは…





1つ目は、自分が成長しなくなってきたな、と感じたこと。


2つ目は、リソースマネジメントという人事の領域(超マイナーです)が、日本ではほとんど注目されていなかったので、これを広めればこれから成長しようとしている企業に貢献できるのではないかと思ったこと。


3つ目は、めちゃくちゃ青臭い話なのですが、日本全体で人材の適材適所ができたら、どんなに素晴らしい世界になるのだろうか?それを、少しでも見てみたかったこと。






起業後5年が経過し、

いまでも自分の中にある夢は


『すべての人が、自分が一番輝ける仕事に就ける世界』

を実現することです。


そのためのノウハウとか、

ツールを作っていくこと。


これをライフワークにしたいなぁと思っています。






あなたもきっとご存知だと思うのですが、

日本の労働生産性は主要先進7ヵ国の中では、1970年以降最下位が続いている状況です。


日本生産性本部は、2020年度の

日本の1時間あたりの労働生産性が、49.5ドルと発表。

アメリカはなんと80.5ドルと相当の開きがあります…


コロナの影響で経済が落ち込んだものの

時間の短縮が労働生産性を押し上げたことから、

前年より実質ベースで1.1%上昇。


ただし、OECD加盟38カ国中23位と

順位でみるとデータが取得可能な1970年以降、最も低い順位となりました…

今後日本では少子高齢化などで労働力が減少していきます。


1人あたりの労働生産性を高めていかないと、

国力を維持することが難しくなると予想されます。


海外を訪れた際に実感されたかたもいらっしゃると思いますが

日本には真面目に働く労働者がとても多い。


しかし、なぜ日本人は一生懸命働くにもかかわらず

生産性が低いのか…


残念ながら、日本の生産性が改善される見込みは今のところありません… 



そこで生まれたのが…




”採用・育成から評価や報酬制度など、戦略的に人材を活用するノウハウを伝え
これからの日本の未来を担うスタートアップ・大きく成長をとげようとしている企業の
戦略人事導入のサポートをしたい…”という想いです。






とはいえ、この場で初めて出会う方に

私を知っていただく方法は限られています。


今回、戦略人事マスターコースを無料であなたに公開する理由、

それはシンプルに…


この実践的実例集に興味を持っているような方であれば

何かすでに人事の悩みがあって

ノウハウを必要としているのではないか、


そして、将来、戦略人事を会社に導入する際に

相談相手の選択肢として

私のことをふと思い出していただきたい、


そう思ったからです。





あなたがもし、戦略人事に少しでも興味を持っておられるなら、

ぜひ、「戦略人事マスターコース」を受け取ってください。


無料メルマガ講座に申し込んでいただいたとしても、

その後しつこく営業活動することはありません。


一つでも多くの企業に貢献できるよう、

人事に関する情報をシェアしていきたい。それが私の願いです。


働く人が変われば、会社が変わります。


これまでの私の実務経験から得た戦略人事のノウハウを学んで

人事面から会社を成長させてみませんか?



戦略人事の実践的ノウハウを学べる「戦略人事マスターコース」を今だけ限定で無料でお渡しします。

人事を戦略的に進めたい経営者・人事責任者向けた

戦略人事の実践的ノウハウを学べる無料メルマガ講座

「戦略人事マスターコース」

戦略人事マスターコースで

こんなことが学べます

会社の生産性を高めるための、リターンが得られる人事ツールの選び方

仕事と人数の黄金比

成長企業が実践する非常識な働き方改革

など、全25話を1日1話【無料配信】します。

Copyright © 2022 Management HR Partners Co., Ltd. All rights reserved.