ブログ

AIの進歩で激変 就職・採用活動の未来

thumbnail

NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。

AIの進歩で激変 就職・採用活動の未来 (Forbes Japan)
転職活動はそれ自体仕事のようなものだ。履歴書を何度も直したり、求人情報サイトを閲覧したり、友人や知り合いの間で人脈作りにいそしんだり、あまりに仕事量が多すぎて新たなキャリアを始める喜びも不安に変わってしまいかねない。一方で未来の求職活動は、・・・

この記事はアメリカをはじめとした、職務型求人(仕事が先に定義される、いわゆる適所適材型)に関する記事です。

終身雇用の名残がある日本型の適材適所型求人(人が先で仕事が後付け)からすると、ピンとこない箇所も多々あります。

とは言うものの、AIや機械学習でマッチングを図ることによって、採用業務のある部分は効率化できるでしょう。

しかし、人間は感情の生き物です。職場の人間関係、上司・部下・同僚からの良い評価やフィードバックが、働き続けるためには必要です。

この働く人の感情を何らかの形で取り込まなければ、本当に理想的な人材配置はできません。

その点をどうするのかな~?と思って読み進めていったら、ちゃんと最後に書いてありました。

『しかし、AIだけでは簡単に測れない要素もある。職場が感情的にしっくりくるか、仕事で満足感が持てるか、一緒に働きたいような人が働く職場かといった点が常に重要になる』

そう、まさにここなんです。人間の感情的・感覚的な部分を、機械学習に取り込めるかどうかが、そのプログラミングをする人に哲学があるかが、今後ますます大事になってくる。

これがきちんと最後に示唆されていて良かったです。

https://forbesjapan.com/articles/detail/19802/1/1/1?s=ns

関連記事

  1. st_2_thumbnail 米GMが最大1500人解雇へ-自…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  2. thumbnail 商社で増えるミレニアル離職、丸紅…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. thumbnail 【業界研究:自動車】トヨタ、日産…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  4. thumbnail 公務員給与の年功序列を変えられな…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  5. thumbnail 就活でグループ面接や討論をさせる…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  6. thumbnail 就活面接、AIロボットが質問攻め…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  7. thumbnail イーロン・マスク、重大な決断の前…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  8. thumbnail 一目置かれ、仕事ができる人の共通…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. thumbnail
  2. st_2_thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. st_2_thumbnail
  5. st_1_thumbnail
PAGE TOP