ブログ

鉄鋼・アルミの新関税、米高官「例外なし」 日欧も対象

thumbnail

NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。

鉄鋼・アルミの新関税、米高官「例外なし」 日欧も対象:朝日新聞デジタル
 トランプ米大統領が表明した安全保障を理由にした鉄鋼やアルミ製品への新たな関税について、米政府高官は2日、「どの国も例外ではない」として、一律で適用する方針を示した。最大の標的の中国だけでなく、日本や…

BBCによると、2000年には米国で1億1200万トンの鉄鋼製品が生産されていたが、2016年には8650万トンまで減少。

雇用者数も、2000年には13万5000人だったものが、2016年には8万3600人に減少したとのこと。

雇用対策を第一に選挙戦を勝ってきた大統領にとっては、看過できない問題となりつつあるようです。

もう一つの背景は、米国の鉄とアルミの製造技術の低下により、軍の主要装備に外国製の鋼板が使われる比率が上昇することへの危機感。

しかし、これだけの雇用が失われたとすると、技術力の低下はかなり進んでいると思われます。

支持基盤の業界の意向を受けて、国防産業の反対を押し切ってまで関税をあげると発表したメッセージの先にあるのは、『中国よ、頼むから生産量を落としてくれ!』ということでは?

EUやカナダの反応も、そのあたりを見切ってお付き合いでレスしているように見えるのですが。。。

https://newspicks.com/news/2861613?ref=user_2722643

関連記事

  1. st_1_thumbnail 私たちは人間らしく働くために「従…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  2. thumbnail ルノー、ゴーンCEO後継者の有力…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. thumbnail 【女子の就活】女子学生よ、会社に…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  4. st_1_thumbnail 3連休に成功者が実践している16…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  5. st_1_thumbnail 働き方と共に「遊び方改革」進めよ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  6. thumbnail 1位はやっぱりこれ。若手社員48…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  7. thumbnail 残業200時間の職員も…厚労省 …

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  8. st_2_thumbnail 高プロは? 残業上限は? 働き方…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. st_1_thumbnail
  2. thumbnail
  3. st_2_thumbnail
  4. st_2_thumbnail
  5. st_1_thumbnail
PAGE TOP