ブログ

【直撃2018年卒】第1希望内定者20人の神エピソード(大企業編)

thumbnail

NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。

【直撃2018年卒】第1希望内定者20人の神エピソード(大企業編)
売り手市場とはいえ人気企業への就職が難しいことは、特集2回目で伝えた通りだ。では、第一志望企業内定者は、何を語って本命から内定を勝ち取ったのか? 今日から2回に分けて、大手広告会社やメーカー、総...

<企業向け>神エピソードの中からホンモノの神を見抜く3つの方法

①面接官データ

企業で採用面接を行うときに、ぜひ取得しておいて欲しいデータがあります。

それは、面接官と入社後の活躍度の相関を取得しておくことです。

面接官も人間ですから、どうしても主観が入ることは避けられません。それを極力排除すべく、面接トレーニングを行います。

しかし、どうしても見抜ける面接官と、見抜けない面接官が存在します。これを避ける方法として、面接官の成果を入社後の活躍で判定するのです。

②オンラン面接を使う

テクノロジーの進歩で、オンライン面接ができるようになりました。

この技術の中でもおススメは、質問項目を事前に決めておいて、その画像を学生に配信して答えを録画して送り返してもらう方法です。

質問項目を録画しておくと、最低限質問項目にばらつきは生じません。

そして、録画された画面を採用関係者全員で確認します。その人たちの意見を総合して、次のステップに行くかどうかを決めるというやり方です。

学生は時間の都合がつけやすい、交通費負担が減る、企業人事は会場の手配、面接官のアサイン、緊急連絡への対応、学生のドタキャン等の運営面でメリットがあります。

③成績証明書を持参してもらう

役員クラスの人材が転職する際、ヘッドハンターは必ずエビデンスチェックをします。

これは、転職候補者と実際に仕事をした人に、その人の仕事ぶり、人柄、仕事を一緒にしていた人に、電話でインタビューをしてエビデンス(証拠)を固める作業です。

学生の場合、過去の努力の唯一のエビデンスになるのは、成績証明書です。

神エピソードトークは、自己PRとしては有効な手段だと思いますが、企業側からは確認することができません。

アメリカのある転職エージェントがこの方法を導入して、候補者にこういったそうです。

「面接の最終段階であなたの働きぶりを評価できる3名の方にインタビューします。その候補になる方を10名程度リストアップしてくだい」

これを聞いた瞬間に、「すいません、辞退します」という人が半分くらい出たそうです。

本当に活躍していた人は、「はい、もちろんご紹介できます!」と明るく答えるそうです。

成績証明書には、これと似た効果があるので超オススメです。

関連記事

  1. thumbnail 【石破 茂】宮沢内閣に「ノー」。…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  2. thumbnail 春闘、電機ベア1500円で決着 …

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. thumbnail ミドル世代が「就活生へ薦める企業…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  4. thumbnail 【石破 茂】初当選。なぜ選挙はカ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  5. thumbnail 【解説】東大・早慶の就活。5つの…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  6. thumbnail 「態度の良し悪しと能力は関係ない…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  7. thumbnail 「人生のミッション」が働き方を変…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  8. thumbnail イーロン・マスクの成功を支えるシ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. DSC_0756 (002)
  2. st_2_thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. st_1_thumbnail
  5. st_2_thumbnail
PAGE TOP