ブログ

【直撃】EVのパイオニア日産が、あえて電池を手放したわけ

thumbnail

NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。

【直撃】EVのパイオニア日産が、あえて電池を手放したわけ
今年1月のある週末、神奈川県横浜市の日産自動車本社から、クルマを走らせた。日産が昨年9月、7年ぶりにフルモデルチェンジした電気自動車(EV)、新型「リーフ」だ。次世代エコカーの本命として、いちは...

1999年、倒産寸前の日産で働いていて感じたこと。

前職で人事部長職にあったとき、新任課長向けの研修を1年に2~3回担当していました。

この研修は、リーダーが次のリーダーを育成するというコンセプトに基づき、現役の部長達が、自分の体験を元に次世代のリーダーと会社の理念を考えるというものでした。

この研修の中で、若手の課長さんからよく受けた質問があります。

それは、『何故日産は、会社の目標の一番に最初に利益目標が来るのか?もっと社会貢献的な課題を置くべきではないか?』というものでした。

この質問を受けるたびに、私は1999年に倒産寸前まで追い込まれた原因を、それ以前の出来事を交えて説明しました。

企業は、付加価値を創造して利益を生み出し、法人税という形で社会に還元するのも貢献であると。利益とは、お客様からの支持の証と考えるべきだと言いました。

ゴーンさんが着任する以前の日産は、まさに「理より情」の経営でした。その結果、もう少しで15万人を超えるグローバル従業員(当時)が路頭に迷うところでした。

「情より理」は事実をある面から見た時の表現です。私がこのニュースを読んで感じることは、「理なければ非情」な状況に、いつでも陥る危険があるということです。

意外な決断をした経営者は、時として思いもよらぬ評価をもらう時もあります。

少なくとも本件は、直近の競争力、将来の技術発展可能性、重要市場へのエントリーチケット、電池メーカへの資金供給、という複数の課題に対する答えとして、極めてリーズナブルでまっとうな決断だと思います。

企業は利益を上げ続けることにより、雇用を守り従業員の幸せな生活の基盤を作るという、「情」につながると思うのです。

関連記事

  1. thumbnail プロフェッショナルの“WILL”…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  2. thumbnail 「仕事効率向上」ツール、乱用で年…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. thumbnail 会社を退職ではなく、「卒業」する…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  4. thumbnail 「テスラが破綻」マスク氏がエイプ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  5. thumbnail 渡辺直美は「日本女性への固定観念…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  6. thumbnail 【新】ワーク・アズ・ライフ時代到…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  7. thumbnail AIがアルバイトの定着率向上を促…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  8. thumbnail 【女子の就活】女子学生よ、会社に…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. st_2_thumbnail
  2. st_2_thumbnail
  3. st_2_thumbnail
  4. thumbnail
  5. st_1_thumbnail
PAGE TOP