ブログ

【番外編】ハーバード生、プロ学生。最先端の就活3つのスタイル

thumbnail

NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。

【番外編】ハーバード生、プロ学生。最先端の就活3つのスタイル
大学生という身分ながらも、スキルはプロフェッショナル並み──。海外名門大学でのコンピューターサイエンスの研究、起業経験、スタートアップでの実務インターンやビジネス開発などの「稼げる技術」を持つ学...

=ロボットイルカプロジェクトの話=

この記事を読んで、かつて聞いたアメリカのある工科大学の話を思い出しました。

プロ学生を生み出すには、3つの重要な点があります。

それは、
①ビジネス界で一流とされている人が、プログラムに関与していること。
②その人へのアクセスが無制限にできるよう、大学がサポートしていること。
③そして研究であっても、実利的成果を求められること。

印象に残っている話を1つ。

その大学では、海軍との共同研究でイルカ型のロボット潜水艦を開発することになりました。

イルカの群れにロボットイルカを潜り込ませて、敵から探知されることなく潜水艦の情報を収集することが目的です。

研究が進めば、ロボットだけのイルカ潜水艦群を任意の海域に投入し、情報を収集して紛争を未然に防ぐことが可能になります。

このロボットの開発を、最先端の研究者に話を聞きに行ったり、自分達で資金提供者募ったり、試作品を作って試験をしたりして、最終的には学生たちが開発に成功したという話です。

地球社会へ貢献できるという喜びと興奮、何もないところからモノを作り上げていく経験、他のメンバーとの協業と協創。

日本が世界でビジネスをするということは、こういう育てられ方をした人材と競争することを意味します。

一方で、我が国のインターンや就活の実態を考えると、学業そのものの捉え方がこの学校の理念とは大きく異なっていることに気が付き、唖然とします。

本当に高い目標と意欲を持っている学生が、アメリカを目指すのも無理はない話です。

労働時間の集計方法の審議を国会で議論したり、忖度があったのかなかったのかという話をしている間に、世界の国々はどんどん進歩しています。

それは企業であっても共通の課題。今の日本の企業体質・人事制度では、プロ学生から興味を持たれることはないでしょうし、入社したとしても活躍させることはかなり無理があるでしょう。

国全体がレベルアップしないと本当にマズイ!と思うのです。

関連記事

  1. thumbnail 受験生のみなさんへ

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  2. thumbnail 採用で重視される「自律型人材」と…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. thumbnail アダム・グラントが語る「優れたリ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  4. st_1_thumbnail 実は日本人よりよく働く米国人、そ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  5. thumbnail 仕事をする時間は”1…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  6. thumbnail 厚労省、副業・兼業の推進に向けガ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  7. thumbnail 「人生のミッション」が働き方を変…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  8. thumbnail 就活ルール、21年卒は6月解禁継…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. st_2_thumbnail
  2. thumbnail
  3. st_2_thumbnail
  4. st_1_thumbnail
  5. st_1_thumbnail
PAGE TOP