ブログ

ハードルが、かなり上がっていた件

DSC_0756 (002)

From 山極 毅

丸の内のオフィスより

 

最近、『社内紹介』による、新しいお仕事の依頼が増えています。

最初に導入していただいた部署の方々が、私のメンタリングやコーチングプログラムを評価してくださるのです。ありがたいお話しです。

その結果、社内の別部署に紹介されるというケースが増えているんです。ここ2か月で、立て続けに3件ほどお話がありました。

その中の一社さんのお話です。東証一部上場、連結売上高が1兆円を超える企業さまです。

2か月前のある日、この会社の執行役員の方とお話をしていたら、『山極さんのコーチングをもっと拡大することにしました。近いうちに役員会でもプレゼをお願いします』とお話が。。。

この役員の方のスピード感、私大好きなんです。事業への熱意、組織への熱意、そしてなによりも部下の皆さんへの愛が素晴らしんです。

先週の金曜日に、社内紹介により新しくコーチングすることになった部署の部長さんと、最初のセッションを実施しました。

office-1516329_1920

 

 

 

 

私はコーチング開始前に、その組織にいるメンバー全員について、あるデータを収集します。

生まれがエンジニアなので、客観的事実と数値を判断材料にすることは、仕事をする上で当たり前の行動なのです。

そして、そのデータを分析した結果をもとに、個人向けにコーチングしたり、社長さんや部課長の皆さんには、自分の組織の問題と改善方法をお伝えします。

今回、初めてお会いした部長さんとも1時間お話ししました。

ご自身の会社に入ってからの経歴を伺った後に、データを見ながらご本人の思考行動特性、チームメンバーの個性と現在の実力発揮度合い、メンバーとのかかわりあい方等についてお話しします。

このデータとは、本人のアンケート回答結果をもとにとある組織編成理論が解析した結果です。

artificial-intelligence-3382507__340

私のコーチングを体験されていない方には、とても信じられないと思うのですが、私はそのチームの全員のデータを見れば、そこで何が起きているかをかなり正確に把握できます。

ですので、その部長さんにも、データから読み取れる可能性についてお話ししました。

『この方とこの方は、あまりうまくいってないんじゃないですか?』『部長さん、この方に仕事任せっきりになっていませんか?』等々、数値の裏にある光景が見えてくるんです。

その部長さんは、何度も、深く、大きく、うなずいていらっしゃいました。そして、1時間のセッションが終わる直前に、こんなことをおっしゃいました。

『実は、社内で山極さんのお名前と、コーチングの成果のすごさは聞いていました。しかし、ホンネでは半信半疑でした。そんなことがある訳がない、誇張しすぎだろうと思ってました』

(心の声:なんと、そんなにハードル上がっていたのか!)

track-81050__340

『でも、今日お話しさせていただいて、その話が決して誇張ではないことが分かりました。すべて思い当たることばかりです。正直いって、かなり驚きました』

(心の声:おぉ、期待を裏切らずによかった!)

部長さんには、すぐに実行できるいくつかの具体的アクションを伝授して、無事に初回セッションは終了しました。

社内のハードル(期待値)が、そんなに上がっているとはまったく知りませんでした。

しかし、使うデータがきちんとしているおかげで、ハードルがいくら高くなっても出来るものは出来ます。

もちろん、出来ないものは出来ません、とはっきり最初にお伝えしますので、安心してお問い合わせください。

お問い合わせはこちら⇒ https://keieijinji.co.jp/contact/

 

p.s. この企業さまから、契約期間の延長と、新サービスの適用早期化の打診がありました。さらにハードルあがった感じです。

head-2748333__340

<組織の成功は人事データの蓄積から>

Copyright © 2018 Management HR Partners Co., Ltd. All Rights Reserved

関連記事

  1. cup-2039669_960_720 人事コンサルティング会社100選…

    http://hrguide.jinzainews.net/articles/ElwI…

  2. diversity 同じタイプの人は好きですか?(人…

    前回、以下の質問をしたところ多くの方から反響を頂きました。<質問>あなたにとっ…

  3. teamwork 経営×人事の必須知識(タレントマ…

    今回から、タレントマネジメントの効果を定量的に求める、という課題に取り組んでみます。私…

  4. einstein 組織と人事の相対性理論 (人と組…

    <前回のおさらい>・全ての人間は、ありのままの状態で貴重な存在である・チーム編…

  5. photo お客様からの声のご紹介<1>

    =株式会社イー・ファルコン 代表取締役社長 志村 日出男様からのメッセージ=…

  6. moneyball ブラッド・ピットに学ぶ採用論(S…

    さて、ついに採用について語るシリーズになりました。採用に関する議論は、人事業界の中で最…

  7. 自由 あなたにとって『自由』とは何です…

    前回までのシリーズでは、人事戦略や経営的人事指標等の堅い話が多かったので、新シリーズで…

  8. pizza ピザは6枚切りをオススメします …

    <前回おさらい>☑人間は似た者同士は理解しやすい。☑自分と異質な人間を理解する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. thumbnail
  2. st_2_thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. st_2_thumbnail
  5. st_1_thumbnail
PAGE TOP