ブログ

就活面接、AIロボットが質問攻め

thumbnail

NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。

就活面接、AIロボットが質問攻め
 2019年卒業予定の学生の就職活動が1日から本格的に始まるが、今年は「ロボット面接官」が選考会場に登場するかもしれない。ロボット面接官は人工知能(AI)を搭載した採用支援ツールで、人間の代わりに学生

前職は、自動車会社で長年採用面接をやってました。

面接の時に注意することは大きく2つあります。

1つは、会社で活躍できる人材を見極めること、もう1つは、残念ながら縁が無かった人にも、会社のことを好きでいてくれるようにコミュニケーションすることです。

自動車のようなBtoC商品では、この点は非常に大事です。

何しろ7000名くらいのエントリーがあり、採用できるのは300名ほどでしたから、入社出来ない人のほうが圧倒的に多いのです。

ですので、私が採用部長で最初にしたことは、極力初期エントリー数を下げる方策を検討することでした。

さて、最終面接。

残念ながら、その時に内定を出せないという判断になるケースもあります。

そういうケースを想定して、学生さんに非常に難しい質問をいくつか投げかけておきました。答えに非常に悩む正解のない質問です。

この質問を置いておくことで、のちに結果を聞いた時に自分で自分を納得させることが出来ます。

『ああ、あの質問にうまく答えられなかったから、落ちたのかも。。。』

理由無く落ちるたのではないか?と認識すると、自己肯定感が低下しその後の就職活動にも悪影響があります。

理由が分かれば、少なくともスキルや知識を増やして対処しようと、前向きにその後の人生も過ごせると思うので、ささやかながらそういう気配りをしていました。

いつかは、日産のクルマを買っていただければいいなと思いを込めて。

さて、そういう面接を目指してきた立場からすると、108もの質問を1時間も繰り返す意味があるのかは、極めて疑わしい。

会社の生産性は上がるかも知れませんが、学生さんの生産性はガタ落ちです。

面接を、会社都合を最優先した選別プロセスと考えると、こういう設計になってしまうのだなぁと思います。

もし、私が就活生でこのプロセスで面接されたら、その会社とその製品に対して、良いイメージは持てないですね。

AIは、結局使う側の人間の思想が大事だと言っているのは、こういうことなのです。

https://newspicks.com/news/2859133?ref=user_2722643

関連記事

  1. thumbnail 【石破 茂】初当選。なぜ選挙はカ…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  2. thumbnail 日本の賃金、世界に見劣り 国際競…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  3. thumbnail 2018年、ビジネスは「共感」か…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  4. thumbnail 受験生のみなさんへ

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  5. thumbnail 日産、ルノー株の買収検討 報道に…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  6. thumbnail 働き方改革の前から「がんばらない…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  7. thumbnail 公務員給与の年功序列を変えられな…

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

  8. thumbnail 裁量労働制、今国会は断念

    NewsPicksに寄稿しました。フォローをよろしくお願いいたします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. st_2_thumbnail
  2. thumbnail
  3. st_1_thumbnail
  4. st_2_thumbnail
  5. thumbnail
PAGE TOP